ぶらりこなん ロゴ

正福寺(しょうふくじ)

正福寺(しょうふくじ)

まさに一枚の絵のような美しさ
(宗祖法然上人写し二十五番霊場)
当山は大乗山正福寺と称し、今から1250年前、聖武天皇の勅願所として、良弁大僧正の開基されました。
本尊胎蔵界大日如来は、金粛大菩薩一刀三礼の彫刻になる秘仏であり、当時は七堂伽藍を完備して、僧坊18、公衆12人を属し、官符を賜わりし後、弘仁8年檀林皇后の綸命により、願安大師貞観10年伽藍を再建されました。聖武帝以来800有余年の間、永く寺門の隆盛を極めてきましたが、元亀年間織田信長の兵火に遭い一山諸堂僧坊ことごとく焼失しました。しかし本尊大日如来、薬師如来、十一面観世音菩薩、子安地蔵菩薩(いづれも国指定重要文化財)は火難をさけ、一草庵に安置して素朴な村人の信仰をあつめ其の後、明暦年間ときの住僧寂誉上人により浄土宗に転宗されました。
正徳3年4月霊誉上人により堂宇を再興されて以来、念仏の道場として教化四方に遍く繁栄を見たものの、不幸に亦々宝暦6年3月16日の夜半、本堂、山門、鐘楼、悉く焼失しました。翌年には、無徳上人願主となり諸堂の復興に着手され、宝暦12年、本堂山門、鐘楼を最後としてようやく完成を見ることが出来ました。一時は住職もなく、兼務寺院となったこともあり其の当時の模様を、"寒沈人なく黄鳥しきりにさへづる法華経"と、荒廃した山寺の実状を詠じたものらしい。
前住法誉上人の代になり昭和22年2月多年の懸案であり檀信徒の熱望により、浄土宗務所の許可を得て、往古の塔中であった清寿寺・永巌寺の2ケ寺を合併し、同年12月庫裏改築を終わり、昭和36年国庫補助を受けて本尊仏の解体修理を完了、更に38年2月本堂改築に着手、並びに山門鐘楼の修理を合わせ、また昭和44年10月収蔵庫(観音堂)の建立が仏天の加護と、檀信徒の協力援護のもとに竣功を見るに至りました。
またサツキの寺としても有名で、5月下旬から6月中旬には境内にずらりと並んだ石仏を飾り立てるように花が咲き、まさに一枚の絵のような美しさです。
石造とサツキ

石造とサツキ

Photo

写真

Photo

【木造 十一面観音立像】
観音堂の須弥壇両端に薬師如来坐像と地蔵菩薩半跏像を安置し、中央に四軀の十一面観音立像が並ぶ。そのさまは実に壮観である。なかでもひときわ大きなこの尊像が、旧永厳寺の本尊であったといわれ、数ある近江の立像十一面観音の中でも最大の彫像と認められる。
観音堂内の右端に安置され、子安地蔵と呼ばれて信仰されている。頭を僧侶のように丸め、額に白毫相を表す。左手は臂を曲げ、胸の辺りで宝珠を戴き、右手は錫杖を執る。両肩を覆った通肩の衲衣をまとい、蓮華座の上に坐り左足を踏み下げ、右足のみ半跏とするところに特徴があり、平安時代の十一世紀から十二世紀にかけて盛んに造立された「半跏形式」の地蔵尊である。
参道入り口より山門を望む

Information

詳細情報

Information

お知らせ
本堂改築のため、令和3年9月1日~令和6年8月31日まで拝観を休止します。
ご了承ください。
情報
【拝観時間】
 9:00~17:00
【最終入山時間】
 16:00
【閉門日】
 8月5日~8月17日・年末年始
【拝観料】
 500円
【駐車場】
・乗用車 10台
・大型車  1台(県道脇倉庫内)
アクセス
【住 所】
 〒520-3253
 滋賀県湖南市正福寺409番地
【公共交通機関】
・JR草津線「甲西駅」下車、タクシー約10分
・JR草津線「甲西駅」下車、コミュニティバス「菩提寺線」乗車「東正福寺」バス停より徒歩約5分
【車】
・名神高速道路「栗東湖南IC」より約10分
・名神高速道路「竜王IC」より約15分
・新名神高速道路「甲賀土山IC」より約35分
Google Map

Google Map ピンアイコンGoogle Mapはこちら

お問い合わせ
【電 話】
 0748-72-0126
ホームページ