ぶらりこなん

企画・運営 一般社団法人湖南市観光協会

  • ホーム
  • お問い合わせ
  • サポーター
  • イベント
  • アクセス

TOP > 観光 > 正福寺(しょうふくじ)

正福寺(しょうふくじ)
正福寺(しょうふくじ)
  • まさに一枚の絵のような美しさ
    (宗祖法然上人写し二十五番霊場)
    当山は大乗山正福寺と称し、今から1250年前、聖武天皇の勅願所として、良弁大僧正の開基されました。

    本尊胎蔵界大日如来は、金粛大菩薩一刀三礼の彫刻になる秘仏であり、当時は七堂伽藍を完備して、僧坊18、公衆12人を属し、官符を賜わりし後、弘仁8年檀林皇后の綸命により、願安大師貞観10年伽藍を再建されました。聖武帝以来800有余年の間、永く寺門の隆盛を極めてきましたが、元亀年間織田信長の兵火に遭い一山諸堂僧坊ことごとく焼失しました。しかし本尊大日如来、薬師如来、十一面観世音菩薩、子安地蔵菩薩(いづれも国指定重要文化財)は火難をさけ、一草庵に安置して素朴な村人の信仰をあつめ其の後、明暦年間ときの住僧寂誉上人により浄土宗に転宗されました。

    正徳3年4月霊誉上人により堂宇を再興されて以来、念仏の道場として教化四方に遍く繁栄を見たものの、不幸に亦々宝暦6年3月16日の夜半、本堂、山門、鐘楼、悉く焼失しました。翌年には、無徳上人願主となり諸堂の復興に着手され、宝暦12年、本堂山門、鐘楼を最後としてようやく完成を見ることが出来ました。一時は住職もなく、兼務寺院となったこともあり其の当時の模様を、"寒沈人なく黄鳥しきりにさへづる法華経"と、荒廃した山寺の実状を詠じたものらしい。

    前住法誉上人の代になり昭和22年2月多年の懸案であり檀信徒の熱望により、浄土宗務所の許可を得て、往古の塔中であった清寿寺・永巌寺の2ケ寺を合併し、同年12月庫裏改築を終わり、昭和36年国庫補助を受けて本尊仏の解体修理を完了、更に38年2月本堂改築に着手、並びに山門鐘楼の修理を合わせ、また昭和44年10月収蔵庫(観音堂)の建立が仏天の加護と、檀信徒の協力援護のもとに竣功を見るに至りました。

    またサツキの寺としても有名で、5月下旬から6月上旬には境内にずらりと並んだ石仏を飾り立てるように花が咲き、まさに一枚の絵のような美しさです。
    石造とサツキ

    石造とサツキ


    【湖南花の寺と磨崖仏めぐり】

    ◇寺宝(仏像・絵図)の特別公開
    期間:平成28年6月1日(水)~6月7日(火)
    サツキの花も見事です。


  • 【木造 十一面観音立像】
    観音堂の須弥壇両端に薬師如来坐像と地蔵菩薩半跏像を安置し、中央に四軀の十一面観音立像が並ぶ。そのさまは実に壮観である。なかでもひときわ大きなこの尊像が、旧永厳寺の本尊であったといわれ、数ある近江の立像十一面観音の中でも最大の彫像と認められる。

  • 観音堂内の右端に安置され、子安地蔵と呼ばれて信仰されている。頭を僧侶のように丸め、額に白毫相を表す。左手は臂を曲げ、胸の辺りで宝珠を戴き、右手は錫杖を執る。両肩を覆った通肩の衲衣をまとい、蓮華座の上に坐り左足を踏み下げ、右足のみ半跏とするところに特徴があり、平安時代の十一世紀から十二世紀にかけて盛んに造立された「半跏形式」の地蔵尊である。

  • 参道入り口より山門を望む

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.burari-konan.jp/mt/mt-tb.cgi/88

コメントする




情報

【拝観時間】
 午前9時~午後5時まで
 お盆、年末・年始は拝観を受けておりません。
 拝観は必ず事前に電話予約が必要です。
【拝観料】
 志納
【駐車場】
 有
【所要時間】
 ずらりと並ぶ三十三観音石仏をじっくりと鑑賞したい。約40分
【ベストシーズン】
 5月下旬から6月上旬にかけて、サツキが見ごろを迎えます。
【耳より情報】
 大日如来坐像は、秘仏で30年に1度のご開帳です。

アクセス

【住 所】
〒520-3253
滋賀県湖南市正福寺409
JR草津線「甲西駅」より、コミュニティバスで約10分又は徒歩約40分(3k)

お問い合わせ

【電 話】
正福寺 0748-72-0126

関連情報

【写し霊場巡拝のご案内】
滋賀教区甲賀組第一部には、法然上人600年大遠忌直後の文政2年(1819)の年紀を持つ二十五霊場詠歌額を掲げている寺院があり、また明治34年(1901)にも二十五霊場の存在が確認できる史料が存在します。このことは、明和3年(1766)に開設されたとされる本霊場のわずか50年後には、この地域にも本霊場になぞられた写し霊場が創設され、600年700年大遠忌を契機に復興されてきた歴史があります。しかしながら、現行の部組織の編成により、写し霊場が複数存在していることから、宗祖法然上人800年大遠忌を記念し、整備復興する必要があると決議いたしました。
これにより、宗祖法然上人を顕彰するとともに、先達の志を継承し、部内寺院檀信徒の結束を図り、一層の信仰を深め、お念仏の声がこだまする地域を目指し、お誘い合わせの上、巡拝していただきますよう、ご案内申し上げます。
1.九品寺(甲賀市水口町)
2.浄品寺(甲賀市水口町)
3.正栄寺(湖南市岩根)
4.常永寺(湖南市岩根)
5.西徳院(湖南市朝国)
6.永照院(湖南市三雲)
7.常照寺(湖南市三雲)
8.東光寺(甲賀市水口町)
9.西栄寺(甲賀市水口町)
10.渓蓮寺(甲賀市水口町)
11.西養寺(甲賀市水口町)
12.慈幸寺(甲賀市水口町)
13.善勝寺(甲賀市水口町)
14.了安寺(湖南市夏見)
15.阿彌陁院(湖南市菩提寺)
16.真明寺(湖南市石部西)
17.善隆寺(湖南市石部中央)
18.正法寺(湖南市岩根)
19.養林寺(湖南市柑子袋)
20.盛福寺(湖南市夏見)
21.西往寺(湖南市吉永)
22.正福寺(湖南市(正福寺)
23.浄福寺(甲賀市水口町)
24.西蓮寺(甲賀市水口町)
25.唯稱寺(甲賀市水口町)